北海道科学大学都市環境学科へようこそ

 このサイトは,北海道科学大学(旧北海道工業大学)工学部 都市環境学科のオフィシャルサイトです.学科概要,学習教育目標,カリキュラムをはじめ,教員・研究室紹介,イベント紹介など,学科における教育活動や学生の活動に関する情報を発信しています.

Topics


【2017.10.10 卒業生の活躍が新聞に掲載されました(9/21)】

 平成12年度(2000年度)土木工学科卒業(土木26期,神谷ゼミ)の玉田かえでさんの活躍が, 2017年9月21日(木)朝日新聞北海道版に掲載されました.

 室蘭市職員の技師玉田かえでさんは,震災復興に対する職員派遣で2012年度から釜石市に勤務しています.記事では一時帰庁した玉田さんのコメントが掲載されています.


第2回公開講座
第2回公開講座

【2017.6.28 平成29年度第2回公開講座を開催します(7/20)】

 平成29年7月20日(木)14時40分より,本学A棟 A106講義室において一般の方および学生を対象とした第2回公開講座「知床世界自然遺産 -外来種の侵入と生態系のバランス-」を開催します.

 今回は,北海道科学大学客員教授の増田泰先生を講師に招き,元来北海道には生息していなかった外来種の動物たちの生息域の拡大,それに伴う在来種の生存が脅かされている実態から,外来種の侵入が今後も増え続けるのかを考えます.そして,北海道における生態系のバランスについて,貴重な写真を交えながら現状についてお話しいただきます.

 なお,一般の方も参加いただけます.詳しくはポスターをご覧ください.


【2017.5.16 「グラウンドまもり隊」の活動が朝日新聞に掲載されました】

 本日(5/16)付の朝日新聞朝刊(北海道本社発行28面)に,都市環境学科の学生によるボランティア活動グループ「グラウンドまもり隊」による活動を紹介する記事が掲載されました.是非,新聞記事をご覧下さい.


【2017.4.27 第1回公開講座を開催しました】

 「先人のイノベーション,次はYOU」と題して,北海道科学大学客員教授の浦田康滋先生による公開講座を開催しました.浦田先生は本学非常勤講師として都市環境学科4年の「技術者の倫理」を担当されています.この講演は,都市環境学科の学生に加え,一般の方にも聴講いただきました.

 講演を聴いた学生の感想を幾つか紹介します.

・今回の講演は私の将来の職業にも関係してくるのでとてもためになった.先人たちの努力の結晶が,私たちが使っている道路につながっている.私も将来は後世に残るようなものを先人たちのように作りあげたいと思った.(1年)

・膨大な情報をまとめて聞かせてもらい勉強になった.インフラの重要さ,道路の歴史,先人の技術を活かして,イノベーションしていくという精神論まで,すべて心に響いてきた.今まで大学で習ってきたことの良い復習にもなった.(3年)

・先人が築いてきた技術や知識は少しずつ進化してきたが,時代の流れに合わせて,問題がどんどん発生してきている.その問題をどのように捉え解決していくのかのヒントになった.(4年)

・トレサゲ,テルフォード,マカダムといった人物は道路工学の授業にも出てきた人物だが,授業では通りいっぺんの知識しか学べなかった中で,今回はその思想や過程にふれることができたことが良かった.(4年)


第1回公開講座
第1回公開講座

【2017.4.6 平成29年度第1回公開講座を開催します(4/27)】

 平成29年4月27日(木)13時より,本学A棟 A106講義室において一般の方および学生を対象とした第1回公開講座「先人のイノベーション,次はYOU -ローマ道からマカダム道へ,その科学的思考を考える-」を開催します.

 今回は,北海道科学大学客員教授の浦田康滋先生を講師に招き,アッピア街道(ローマ道)建設から現代の道路基本であるマカダム工法に至る先人の道路建設に関する知恵やイノベーションの歴史的変遷を学び,高齢化社会,気候変動等の社会・経済・交通環境の変化への対応が求められている我々現代人が考えるべき点についてお話いただきます.

 なお,一般の方も参加いただけます.詳しくはポスターをご覧ください.